魔界戦記ディスガイアP日記 3日目
稼ぎステージの7-1にハマってます。ジオシンボル効果経験値+100%うめぇ
イノセントEXP増加300(経験値4倍)を作って育てたいキャラの装備に移住させる。マナ増加とか武器上達屋もつける。んで7-1でゾンビを倒しまくる。敵強化なしでLV50までは楽勝です。
今、成長させてるのは魔術師系の2人。さすがに、初期魔法だけじゃきつくなってきたので上位魔法習得させる→転生の繰り返しです。Lv50まであげればオメガクラスまでは習得できます。本当はLv100でテラ系まで習得したいんだけど・・・。たーだ、これやってて気づいたけど魔法習得しすぎてスキル欄がいっぱいになる・・・。PKの図書館的なのがほしい・・・。

今は8話ですが・・・進んでません。7-1MAP中毒性は異常。敵の強さ上げればまだまだいける・・・面倒だから上げないが。
Moreは6話~8話中盤までです。





第6話【ラハールからの挑戦状】
前回からの続き。魔王の座を狙う悪魔を一掃するため、罠を張ったラハール。現場にいくと・・・
MAPぎっちりの敵、よくわかんない悪魔殺しの人、プリニーと野球勝負、別次元の魔王(魔王の座を狙って待ち伏せしてた臣下達が倒してくれました)、ヒーローなのに友達たくさんつくるために魔王の座を狙うニジレンジャー、あと中ボス。全てを撃破していってついにデスソースに到着したラハール。もう邪魔する悪魔はいない。ラハールは魔王になりました。おめでとぅ。フロンは無意識ながらもラハールが魔王の座につくことを手伝ったことに気づいて大慌て。もういっそのこと悪魔に転職しちゃう?
天界じゃ、ブルカノがそのことを大天使ラミントンに報告。ブルカノがフロン打倒のために動きはじめました・・・かも?
次回予告→愛少女ジャスティス・フロン「くたばれ、エトナ」
うふふー、一度やってみかったんですよ~
・・・フロンちゃん、なーにやってんのかな?
あ、エトナs(ry ターン


第7話【魔王さまという仕事】
魔王になってから高笑いしかしてないラハール。そこにエトナが魔王の初仕事としてアラミスって子のペットの捜索をもってくる。なんで魔王がペット探しなんかしなきゃいけない!と断るがエトナの普段以上の強気に押されてペット探しにいくことに。
ペットはゾンビ。悪魔的にはゾンビをペットにするのが普通らしい。しかもいい趣味らしい。子供によっては分解して遊んだりするらしい。なので、バラバラになるまでボッコボコにしてもなんら問題ないらしい。
道中、フロンはエトナに今回はやたら強く押しましたね~と。と、いうものエトナは城の仕え始めた時、貴族の出身じゃないという理由で先輩からいじめられてた。その時、心の支えになったのが1匹のペット。だけど、ある日死体で発見された。犯人は先輩。まだ子供だったエトナは仕返しもできずただただ泣き続けるだけだった。そこに魔王クリチェフスコイが声をかけてくれた。事情を知ったクリチェフスコイは一緒にペットのお墓を作ってくれた。それ以降、エトナは魔王クリチェフスコイに忠誠を誓うようになった。-なので、ラハールにもそれぐらい立派になってもらわないと困る、とのこと。ダメだったらサクっと殺っちゃう。
で、アラミスのペットの最高傑作(最強(?)アイテムの馬チンチン等合成しました)ゾンビ等を全て捕まえたラハール。たぶん、バラバラだろうが。。。今まで反抗的だったらアラミスはラハールのことを魔王と認め「魔王さま」と呼ぶように。将来、ラハールの家来になることを約束する。で、エトナの魔王採点は合格点。落第しないように気を付けてくださいね。
余談ですが、アラミスはディスガイア3のDCLで味方ユニットとして登場。称号が「魔王」とつくキャラのステータスアップする魔ビリティー持ちのまさに魔王の家来になってます。つか、馬のチンチンにボイスいれるとか・・・日本一ソフトすげー。
次回予告→マッドサイエンス美少女エトナ「さらば、プリニガーX」 え!?死ぬんスか?俺たち


第8話【リインカネーション】

赤い月 赤い月
罪を犯した者どもの
汚れを清める赤い月
今宵はだれが生まれ変わる?
今宵はだれが生まれ変わる?

赤い月の夜、フロンは謎の歌声で目を覚ます。するとどこかに去っていくプリニーを目撃する。プリニーに声をかけようとすると姉御肌のプリニーに止められる。姉御肌のプリニーは、やっとのことで償いを終えたからそっとしておいてくれと言う。フロンはかの有名の夜逃げだと思うが・・・

翌日、部下のプリニーが何匹が消えたとラハールとエトナが話してる。ラハールはさすがに20時間労働、休日なしはきつかったかと思うが・・・。姉御肌のプリニーは心配しなくてもあいつらは大丈夫っスよ~と言うが、ラハールは魔王のメンツに関わるってことで消えたプリニーを探しにいく。仕方なく。
道中、フロンとラハールはケンカする。発端はラハールが一度もフロンの名前を呼んでないから。「ラハールさんはちょっと無神経すぎます。愛を持って接するべき。愛がないからプリニーさんに逃げられた」とフロンは説教し、ラハールも「もうお前とは二度と口をきかん!」と。
その後、フロンはエトナになんでラハールはあんなに横暴なのか聞く。そしてラハールが優しさや愛をド嫌いしてる理由が明かされる。
ラハールは悪魔と人間のハーフ。魔王クリチェフスコイ様が魔女修業に来てた王妃さまに一目惚れして生まれたのがラハール。王妃様は「悪魔にも愛はある」とよく言ってた。ラハールにはやさしい子に育ってほしいと厳しくも優しく接してきた。が、ある日王妃様は死んでしまった。ラハールが魔王でも治せない重い病気になってしまった。治す手段は「ラーハルを愛する者の命」のみ。魔王が止めるのを聞かず王妃様は自分の命を使い、ラハールを救った。それ以降、ラハールが愛やらやさしさを憎むようになった。(2話の愛が母親を殺したって意味これか)

つづく
[PR]
by sel106 | 2011-12-07 20:03 | おふげ
<< グランナイツヒストリー日記 最終日 魔界戦記ディスガイアP日記 2日目 >>


【鮎】
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31